« SR600fuji PART1 | トップページ | アイスブルべ100km »

SR600fuji PART2

SR600fuji PART1があるからもちろんPART2もあります!
前回の失敗は踏まえ反省点を洗い出し
完走への目処が立ったので7月5日に再チャレンジしてきました。

今回はスタート時間を0時設定し、前回夜だった渋峠からの下りや
菅平からの下り、野辺山から下りのロングダウンヒルを明るい時間にクリアする
予定で挑みます。
後、前回大失敗した睡眠時間の確保が優先で大休憩は極力なし
飯はコンビニで済ます事にします。
ちょっと味気ないですが、ランドヌール部門での完走目的なので
背に腹は代えられないと割り切っていきます。

SR600fujiのスタート地点、高尾駅を0時にスタート。
ファミリーマートでレシートも貰うが、まだまだこの時間だと通勤帰りの客も多いです。
前回の4時スタートの時は酔い潰れてベンチで寝てる人が多かったのですが
まだ最終電車のちょっと前だからかな?

しかし、こんな時間に山伏峠へ向かうサイクリストって・・・・
まあ、空いてて良いですが、辺り真っ暗で非常に怖いですw
登攀途中で突然ガサガサ音がするから何かと思ってライトを照らすと
鹿さんが逃げていきましたw こっちもドキドキww

ビクビクしながらPC1、山伏峠に真夜中の2:27に到着。
Img_2236_r_2
怖いので早々に下ります。
ちなみにSR600は、各PCの制限時間はなく証明写真を撮る事で通過チェックとなります。
ゴールは指定されたコンビニのレシートか、JRの入場券でゴールタイムを申告します。

流石に横川の釜飯屋も到着時間が早すぎて閉まってました。
手前のコンビニで補給後、PC2めがね橋に7:08に到着。
Img_2239_r
ジブリの新作映画「風立ちぬ」では、ここを電車が通ってたな~

碓氷峠を登り、北軽井沢から浅間越え、地味にここがキツイ・・・・
更にキツイのが長野原から草津にかけての登り、前回はここでやられました。

渋峠の登りも流石に1ヶ月で2回も来ると有り難味も薄れますね^^;絶景なんですけど・・
Img_2243_r
撮影と称した足つきw

白根山でトイレ休憩と水分の補給。
一旦下って、更に上り、PC3渋峠の国道最高地点に14:21に到着。
Img_2245_r
前回と違い、明るいので一気に下山。

PC4道の駅北信州やまのうちに15:08に到着。
Img_2248_r
渋峠から正味50分程、前回から1時間以上タイムを稼いでます。
体重あると下りで稼ぐ戦法は有効だわ(笑)
ここで信州そばを補給、アイスと水ばっかり補給してたから
久々に固形物を食べてみましたが美味しかったです。
野辺山でもそばを食べましたがこっちの方が美味しかった。

小布施を通り、これでもか!って位、坂を登る。
途中に湧き水ポイントが1箇所あるんですが、オーバーヒートしそうだったので
頭から水をかぶり一時のオアシスでした^^

ようやっとPC5菅平に18:35に到着。まだまだ明るい。
Img_2250_r

前回、仮眠したバス停の小屋を眺めつつ暗くなる前に上田へ降りる。

PC6信濃国分寺に19:50に到着。
Img_2256_r

20時半に下丸子のホテル到着しチェックイン
室内に自転車を持ち込み、シャワーを浴びて21時に就寝

4時間半ほど熟睡し、1時半に起床 用意やらなんやらで2時半にホテルを出発
ホテルの先にあるサークルKで着替え等を送り返す予定が・・・・

流石にこの時間にくる客が居ないのか?いくら呼んでも店員が出てこない
マジかよと思ったが何度か入口の扉を開けてチャイムを鳴らしてたら
ようやっと店員がでてきたので荷物を宅配し、軽くオニギリ等を補給し3時には再出発
出かけに店員さんにどこまで行かれるですか?と聞かれ
美ヶ原へって言ったら店員さん絶句!
どうも、こんな深夜に美ヶ原へ登る人は居ないらしいw 
でも後からtwitterで解った事ですが、同じ日に黒澤さんが
すでに闇の中で登っていましたw 流石と言うか何と言うかw

武石の観光センターには4時頃通過したがトイレ以外、ものの見事に何もナシ
前回あった自販機も閉まってる扉の中で使えなかったです。
補給場所としてあてにしてたが予想外の展開で、折角登ってきた所を戻るのも
やなので先に進む事にしました。
一応、洗面所の水を頂いて行くことにしたが
飲めるか?飲めないか?は正直解らないので極力緊急時以外口にしない様にしよう!

ようやっと周りが明るくなってきたが、妙に風が強い
しばらく、ずーっと登攀なので向かい風だと結構しんどいッス。

一番の難所、PC7美ヶ原美術館前に6:12に到着。
Img_2258_r

前回寄らなかった道の駅「美ヶ原美術館」で水分の補給に向かう。
ここには立派なトイレ施設や自販機もありました。
地下から汲み上げた飲み水もあって大変助かったです。
只、風が強く寒かった。

ビーナスラインを通り、前回お世話になった峠の茶屋が
朝早くて尽く閉まってたのも計算外の失敗。
水の補給の心配が常にあったが、何とか無補給で乗り切りました。

今度は、白樺湖に着くと本格的な雨orz
ローソンでレインウェアを着込み、補給を済ませ再出発。
でも、ここからPC8まで容赦ない劇坂区間、着込んだウェアが暑く体力を奪う( ´Д⊂ヽ

PC8雨の女の神展望台に9:52に到着。
Img_2260_r

女の神展望台からのダウンヒル中に追い越して行った車が目の前で急に
左折してあやうく巻き込まれそうになる。
何とか滑らない様にグレーチングを超えて左に避けて間一髪!
雨も降ってたしブレーキの利きも悪い中、滑ったら一発でSR600のチャレンジが
終了する事態だった。

PC9麦草峠には11:50に到着。自前の予想到着時間を上回る快走っぷりで
Img_2263_r
チェックポイント毎に地味に貯金ができる。
麦草峠からちょっと下った所にある茶屋でブルベリーソフトと水分補給。

野辺山の登り返しを経て13:45にPC10JR最高地点に到着
Img_2264_r
ここからは豪快な下り、やっぱり明るいと下るスピードも違う。
ほどなく韮崎に到着。
しかし、下界は暑い!コンビニに駆け込みアイスと氷をゲット!
たまらず保温ボトルに氷を詰め込む。

前回、朦朧として彷徨ってた区間を通り、うる覚えだった箇所を思い出す。

16:24にPC11芦川駅到着。前回と違ってまだまだ明るい且つ目茶暑い。
Img_2266_r
何でも後で知った事だが、丁度同じ日に梅雨が明けたそうな・・・・
今年は梅雨明けが早いですね。

精進湖ブルーラインまでは、川沿いの比較的なだらかな登りで快適だったが
県道36号から若彦トンネルまで結構な登り区間
Img_2269_r
最後の中級山岳ポイントの若彦トンネルを通過して河口湖へ出ると
ようやっと完走できそうな実感が沸いてきました。

PC12山中湖に19:45。流石に辺りは真っ暗だったので富士山の撮影は無理でしたが
代替撮影ポイントの山中諏訪明神で写真チェック。
Img_2271_r

山伏峠を越え、交通量が多いので道志みちを慎重に下る。
どうも、中央高速などが渋滞してるらしくこの時間は迂回の車が多い。

22:59に高尾駅にゴール! 完走時間は何と46時間59分!
日曜日中に帰ってこれたw
1012168_494387113970717_170263814_n

振り返ってみると走力は前回より大分アップされて大分改善されていた。
やはりそれなりに走りこまないと、このコースはキツイです。
睡眠時間の確保の問題も、走力のアップと0時スタート作戦のお陰で十分に取れたと思う。
作戦勝ちだったけど自分の場合、50時間越えの長丁場は、十分な睡眠が取れるか?
にかかってるな~とつくづく思いました。
寝れないブルベは、レポートを上げてない台湾で懲りましたからw

後日、北海道の田中氏に北関東のSR600や日本アルプスのSR600を誘われましたが
流石にお腹一杯でトライする気になれず(;´Д`)スミマセン
でも通行時間の制限があるみたいだけど乗鞍は魅力的だな~
何時かは走ってみたいものです。

次回のブルベは今年のSRをかけて北海道600km大雪に遠征です!

|

« SR600fuji PART1 | トップページ | アイスブルべ100km »

ブルベ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506442/57819314

この記事へのトラックバック一覧です: SR600fuji PART2:

« SR600fuji PART1 | トップページ | アイスブルべ100km »