« BRM525十和田200km 試走雑記 | トップページ | SR600fuji PART2 »

SR600fuji PART1

6月8日にSuper Randonnées(シューペル・ランドネ)略してSR600にチャレンジしました。

SR600とは?

AudaxJapanのサイトによるとACPによって創設されたブルベの新しいカテゴリーで
走行距離600km以上(最長619km)で累積標高10,000m以上の山岳パーマネント(Permanents)の事を言います。

パーマネントって? 

開催日が決まってるBRMと違い常設山岳ルートを自分で出走日時を決めて走る事ができるブルベになります。
BRMよりさらに出走者自身の事前準備と自己責任がより強く求めら
サイクリストとしてのスキルが必要とされるブルベになります。

オダックス埼玉のSR600fujiの場合、制限時間52時間以内のランドヌール部門と
制限時間無しで日に80㎞以上走れば認定されるツーリスト部門の2種類があります。

詳しくはオダックス埼玉のサイトをご参照下さい。

SR600fujiのルートはスタートの高尾駅-山伏峠-秩父-碓氷峠-北軽井沢
浅間越えで草津-志賀草津道路から渋峠-湯田中-小布施
菅平高原-上田-劇坂区間の美ヶ原高原
アップダウンの連続なビーナスライン-白樺湖-蓼科-麦草峠
野辺山-清里-韮崎-芦川駅から若彦トンネルを通り河口湖-山中湖
山伏峠からは道志みちを通りゴールの高尾駅となります。

今回は北海道のよしださんと一緒にランドヌール部門での挑戦でした。

詳しくはよしださんのブログ、関町寮の自転車日誌にて(笑)

自分の方を途中からかいつまんで報告すると長野原から草津までの上りで力尽き
渋峠のアプローチはよろよろ、湯田中までのダウンヒルもすっかり夜になり
寒さも堪え下りもノロノロ。
21:50に道の駅北信州やまのうちに到着。
Img_2199_r

菅平の上りで更に力尽きて3:15に菅平に到着。
Img_2203_r

菅平のバス停でビバーク。
1時間半ほど仮眠したのち、よしださんの宿泊してる下丸子のホテルでよしださんと再合流し
劇坂区間の美ヶ原への登攀。
暑くなった事もあり武石観光センターでしばし休憩。
何とか体力も回復し11:45に美ヶ原美術館前に到着。
Img_2207_r
ビーナスラインのアップダウンと暑さに翻弄され
18:11に麦草峠に到着。
Img_2213_r

麦草峠まではギリギリ完走できる時間でクリアできましたが、
睡眠不足がたたって2日目の夜に差し掛かった野辺山からの下りで急激に眠くなり
本来時間の稼げる場所で時間が稼げなくなってしまいました。
特に野辺山からの下りはロングダウンヒルで、かなりのスピードが出るしどう見ても危険
のろのろと下りながら、何とか韮崎まで進みましたが、それでも無理がたたって

進んでは立寝

進んでは立寝

を繰り返して、流石にこの様な負のスパイラルに陥るともうアウト。
台湾でも経験した夢遊病者の様になってきたので信玄堤のある辺りのベンチで
朝まで仮眠する事にしました。
よしだ氏ははるか先に行ってしまったし、ランドヌール部門はこの時点で諦めました。

朝4時頃に目覚め気持ちを切り替えて1日最低80km以上走れば認定される
ランドヌール部門より敷居の低いツーリスト部門に変更しゴールを目指しました。

睡眠不足も解消し、6:20に芦川駅に到着。
Img_2222_r

居眠りする事なく、順調に10:34に山中湖に到着。
Img_2224_r

山伏峠から道志みちを通り13:52に無事?高尾駅にゴール~

ランドヌール部門の制限時間がAM8時までなので約6時間程オーバータイム。
ツーリスト部門での完走にはなりましたが、まだまだ走力不足、準備不足な
チャレンジとなってしまいました( ´Д⊂ヽ

よしださんの方は制限時間15分前にゴールされた様で
無事にランドヌール部門を完走されました。( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチ

それに比べ自分は、ぼろぼろになりながら双龍で
遅い昼飯で反省でしたorz (Photo by 大将)
942831_466183033465622_459950006_n

満身創痍と日焼けでサングラスも外せないww

|

« BRM525十和田200km 試走雑記 | トップページ | SR600fuji PART2 »

ブルベ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506442/57819303

この記事へのトラックバック一覧です: SR600fuji PART1:

« BRM525十和田200km 試走雑記 | トップページ | SR600fuji PART2 »